fc2ブログ

5/11夜〜13ボランティアダイブ その5

陸前高田のランチ
ランチは大船渡の「みさき」さんでいただきました。外で食べる、海鮮丼です。(店内が混んでいたため外で食べただけですよ)
穴子好きなので、穴子が嬉しかったです。そして、ご飯のおかわりが無料でしたよ。
少しだけ見えますが、海が目の前に広がっています。こちらでも潜れるようにしていくみたいです。

たんぼ
たんぼにたまっている水です。たぶん海水です。でも、見てもらいたいのは後ろに写っているホームセンター!!
物資の供給はできています。

町中
コンビニ・銀行・スーパー・100円ショップなどが新しくできた町です。
もっともっと雇用が広がる環境になっていってほしいです。

町中2
上の写真と同じ場所から撮影したものです。
お米の精米所・居酒屋(スナック???)などがありました。

くまハウス大
2日間お世話になった、「くまハウス」です。短い時間で、たいして力になることができなかったことが心残りですが、また、行きたいと思っています。

現地は、物資も仕事も宿もありなどもあります。海洋関係の仕事はほぼ皆無です。漁師さんは船こそ、保険や義援金でどうにかなりましたが、船の備品は実費です。また、港もまだ、氷製造機が出来ていないため、漁で取った魚を生で出荷している状態です。当然、海の中はがれきや網などが落ちていますので満足いく漁は出来ていない感じでした。

三陸ボランティアダイバーズ(http://sanrikuvd.org/)は、少なからず漁業関係者の方々に役立てるようにと、海底清掃で漁の邪魔になるゴミをなくすこととダイバー勧誘で得た利益を漁業関係者の方々へ還元することを目的としています。また、仙台までは新幹線が走っているのですが、岩手県の鉄道はほとんど壊滅ですので、ボランティア・観光などでの来県が少ない県です。

「海から復興」を目的として、ファンダイブ(チャリティダイブになります。デジカメなどで撮影OK。)&ボランティアダイブの手伝いが我々ダイバーができます。
金曜日夜発(22時頃)→到着後仮眠→1ダイブ→昼食後→潜ったポイントのボランティアダイブの手伝い(イントラや現地スタッフが海の中からゴミを集め、ロープに結ぶので、陸上やボート上からロープを引き上げる。道具類は全て無料で貸し出ししてくれます)→被災地の現状を見て、感じてもらう→夕食→自由。2日目に朝食後→1ダイブ→昼食→帰路。と言う順番になると思います。
ダイビング代はチャリティへあてられます。また、宿代・食事代も地元復興の支援になります。
岩手県まで片道で500kmあり、頻繁に行くことはできないですが、1~2ヶ月に1回行ければと思っています。

私の個人的意見ですが、
・現地に行くことが出来る方は、1人でも多く行ってもらいたい、自分の目で見て感じてもらいたいです。
・現地に行くことが出来ない方は、義援金という方もいいですが、チャリティグッズの購入をおすすめします。(http://sanrikuvd.org/goods/index.html)

年内で、使用できない建物は全て取り壊しが決まっているみたいです。是非、取り壊し前に行ってもらいたいです。

スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【5/11夜〜13ボランティアダイブ その5】

ランチは大船渡の「みさき」さんでいただきました。外で食べる、海鮮丼です。(店内が混んでいたため外で食べただけですよ)穴子好きなので、穴子が嬉しかったです。そして、ご飯のお

コメント

非公開コメント

プロフィール

コナウィンズダイビングショップ

Author:コナウィンズダイビングショップ
新小岩駅にあるスキューバダイビングショップです。
ダイビング初心者コース(オープンウォーターダイバーコース)が¥63.000(税込)。レンタル代・宿泊代などの追加費用は一切なし。マンツーマンでも開催。※器材をご購入されますとご購入代がかかります。
ツアーは全て2名様からのリクエストベース。初心者からベテランまで満足のいくガイドを心掛けています。また、4名様以上同時お申込みでプライベートツアーにも!!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR