fc2ブログ

ウエットスーツ

明後日から宿泊ツアーで5/30〜31はお店をしめてさせていただきます。

そのツアーで、今年初ウエットスーツとなりました。かなり早い。
ドライスーツの左足のヒザから下が、ビチョビチョになってしまうので、ドライスーツは修理中。
原因は、ピンホールでした。。。かなりでかい穴があるんだな−。

ということで、ウエットスーツで行ってきます。
この時期のウエットスーツは、伊豆は初かもしれません。が、まぁー大丈夫でしょうー
スポンサーサイト



今日も夏日

5月最後の週末ですね。
そうです。まだ、5月です。にしても、毎日暑い日が続きます。
そして、暑さに慣れた頃に気温の低い日がやってくる。体調管理しっかりです。

5/30〜31で宿泊ツアーのため、お店は臨時休業となります。
ご迷惑をおかけいたします。

そういえば、私のIDCの教え子で、今年から某ショップで非常勤インストラクターとして働く人がいます。
せっかく、インストラクターになったのだから、ずっと続けていってもらいものです。
また、飲みに行こう!!

ウツボ大
最近、群れに興味を持っていかれていたので、初心にかえって写真は「ウツボ」です。
今の時期は、アオリイカの産卵も見ることができますね。

あー、群れ見たいー

5/20-12

波勝崎の群れの多さを見てから、群れの虜になりつつある。
                マクロ < 群れ
って感じです。

あー、群れ見てー

5/19夜〜20波勝崎ツアー写真追加

先週末に行きました、「波勝崎」ツアー時の写真追加です。
あまのはな
前泊時にいつもお世話になっている民宿の駐車場に咲いていた花たちです。ミツバチがミツを取りに来ているのがのどかで良かったです。

あまの朝食
朝食は肉厚のアジの干物がとっても美味しいですよ。そして、今回の小鉢にはネギトロがありました。こちらもとっても美味しかったです。ここには写っていませんが、自家製の「梅干し」と「らっきょう」も食卓にビンで置いてあり、ご飯の2杯目梅干しのお茶漬けってことも出来ますよ。

波勝崎ビーチ
ビーチになります。猿たちもビーチから海に入っていることもありますよ。「猿は素潜りで2mぐらいは潜れる」ってサービスの方が言っていました。

猿に見られる
苑の中では猿たちは自由にしていますので、人間が檻の中から餌をあげたり、写真を撮ったりしています。動物園の逆ですね。

焼酎たち
昼食を食べたお食事処に飾ってあった焼酎・日本酒・梅酒たちです。「運転がなければ。。。」って、見る度にいつも思います。

まだまだ、未開拓ポイントの波勝崎。次回はどこに潜ろうかな???
ロボに行って、「シイラ」見たい気がするけど、行けたらいいなぁー

5/11夜〜13ボランティアダイブ その5

陸前高田のランチ
ランチは大船渡の「みさき」さんでいただきました。外で食べる、海鮮丼です。(店内が混んでいたため外で食べただけですよ)
穴子好きなので、穴子が嬉しかったです。そして、ご飯のおかわりが無料でしたよ。
少しだけ見えますが、海が目の前に広がっています。こちらでも潜れるようにしていくみたいです。

たんぼ
たんぼにたまっている水です。たぶん海水です。でも、見てもらいたいのは後ろに写っているホームセンター!!
物資の供給はできています。

町中
コンビニ・銀行・スーパー・100円ショップなどが新しくできた町です。
もっともっと雇用が広がる環境になっていってほしいです。

町中2
上の写真と同じ場所から撮影したものです。
お米の精米所・居酒屋(スナック???)などがありました。

くまハウス大
2日間お世話になった、「くまハウス」です。短い時間で、たいして力になることができなかったことが心残りですが、また、行きたいと思っています。

現地は、物資も仕事も宿もありなどもあります。海洋関係の仕事はほぼ皆無です。漁師さんは船こそ、保険や義援金でどうにかなりましたが、船の備品は実費です。また、港もまだ、氷製造機が出来ていないため、漁で取った魚を生で出荷している状態です。当然、海の中はがれきや網などが落ちていますので満足いく漁は出来ていない感じでした。

三陸ボランティアダイバーズ(http://sanrikuvd.org/)は、少なからず漁業関係者の方々に役立てるようにと、海底清掃で漁の邪魔になるゴミをなくすこととダイバー勧誘で得た利益を漁業関係者の方々へ還元することを目的としています。また、仙台までは新幹線が走っているのですが、岩手県の鉄道はほとんど壊滅ですので、ボランティア・観光などでの来県が少ない県です。

「海から復興」を目的として、ファンダイブ(チャリティダイブになります。デジカメなどで撮影OK。)&ボランティアダイブの手伝いが我々ダイバーができます。
金曜日夜発(22時頃)→到着後仮眠→1ダイブ→昼食後→潜ったポイントのボランティアダイブの手伝い(イントラや現地スタッフが海の中からゴミを集め、ロープに結ぶので、陸上やボート上からロープを引き上げる。道具類は全て無料で貸し出ししてくれます)→被災地の現状を見て、感じてもらう→夕食→自由。2日目に朝食後→1ダイブ→昼食→帰路。と言う順番になると思います。
ダイビング代はチャリティへあてられます。また、宿代・食事代も地元復興の支援になります。
岩手県まで片道で500kmあり、頻繁に行くことはできないですが、1~2ヶ月に1回行ければと思っています。

私の個人的意見ですが、
・現地に行くことが出来る方は、1人でも多く行ってもらいたい、自分の目で見て感じてもらいたいです。
・現地に行くことが出来ない方は、義援金という方もいいですが、チャリティグッズの購入をおすすめします。(http://sanrikuvd.org/goods/index.html)

年内で、使用できない建物は全て取り壊しが決まっているみたいです。是非、取り壊し前に行ってもらいたいです。

5/11夜〜13ボランティアダイブ その4

さてさて、1日目の夕食は。。。
夕食
お手軽な男料理ってことで(>_<)

寝袋
布団は寝袋もありますよー。
ツタンカーメンが一緒に陸前高田に行った、アメリカ人のアレクにはツボだったみたいです(^o^)

2日目は朝ご飯をコンビニ買い出ししてから、ダイビングに行きます。ビーチポイントとして潜る場所で潜りました。
ヤドカリがいっぱいでしたよ。そして、魚もボチボチってところですね。
夏になると、マンボウが沖合で出るみたいですし、9月末〜10月中は、海に繋がっている川にはシャケが川上りするみたいでスーツを着ていれば、川の中に入って撮影や観察もできますよ。

家の跡
ダイビング後は、ポイントの近くの被災地へ。
家はないのに、タバコの看板だけが残っていました。何故???

鏡
T字路にあった、鏡と標識は根元から折り曲がったいました。

トンネル1
電車の高架です。津波はこの高さまで到達していたみたいです。近くにあった駅は今も使用不可になっています。
また、高架を支えているコンクリートにひっかき傷みたいなものがついていますが、これはがれきなどが当たってついたものです。

給食
駅よりも海よりにあった小学校です。給食室の外にあった換気扇の外側がペッシャンコです。
当然、給食室内も散らかり放題でした。

まち
防波堤や防波堤内にあった水産関係の工場は鉄筋建物は残っていました。
開けているように見えますが、元々は防波堤があったみたいです。

高台の家
上の写真と同じ場所から撮影した高台の家です。
一見何ともないように見えますが、窓は全て板になっていました。リホームして再度住むのでしょう。

つづく

5/19夜〜20波勝崎ツアー

5/19夜〜20(日)波勝崎ツアーに行ってきました。前泊ツアーです。
波勝崎に到着して、用意をしていると猿たちが後ろに写っている山からおりてきました。
5/20-1

5/20-2

5/20-3

5/20-4

5/20-5

1本目は「ベンケイ」で潜りました。イサキの群れ・スズメダイの群れ・タカベの群れ・キンギョハナダイの群れなど群れが到るところにいましたよー
5/20-6

5/20-7

5/20-8

5/20-9

5/20-10

5/20-11

5/20-12

5/20-13

2本目は「ミカジマ」に潜りました。こちらでは大きなアカエイとヒラメがいましたー。
5/20-14

5/20-15

確かに遠いポイントですが、波勝崎は良い意味でやばいっす。

6/2〜3(土日)で行く予定になっていますので、是非是非参加してくださいねー。




5/11夜〜13ボランティアダイブ その3

さて、次の被災場所は「県立高田高校」です。
3階建ての2階部分の窓ガラスはなくなっていました。そして、3階部分は手すりが折り曲がっていたり、ガラスは残っているものの冊子は変形していました。
学校1

本校舎横の建物です。
学校2

校庭に置かれていたトラックです。
学校3

体育館です。かすかにバスケットボールのゴール見てとれます。
体育館独特のニオイは残っていました。
学校4

学校5

ガソリンスタンドの看板が1部欠けています。その部分まで津波の高さがあったみたいです。
後ろにある立派な建物は4階部分まで窓ガラスが割れていました。ただ、カーテンなどはまだ残っています。
スタンド1

ガソリンスタンドの道をはさんで向かいにあった公衆トイレ後です。
隣の建物共々、形は残っていますが、使用できる状態ではありませんでした。
スタンド2

つづく

5/11夜〜13ボランティアダイブ その2

1ボランティアダイブ後、ランチは「オムナポリタン サラダ付き」を食べました。
実はこれで普通盛り!?
ランチ1

ランチ2
味は、予想通りケチャップですが、めっちゃ美味しかったですよ。

ランチ後、風が強く吹き始めたため、2本目のボランティアダイブは中止で、被災地の現状を見にいきました。
ここには駅があったみたいなのですが、木造建てだったのは、タクシーの待合所やロータリーらしきものはありましたが、それ以外は、線路も途中で切れていたりという感じでした。

駅1

高いたとものは鉄筋だったみたいで、形は残っていますが。。。って感じです。
駅2

駅3

この線路の向かいには、仮設住宅が出来ていました。そこでは色々な商店がありました。活気に満ちているとまではいきませんが、1歩1歩前に進んでいます。
つづく

5/11夜〜13ボランティアダイブ その1

5/11夜〜13(土日)で岩手県陸前高田にあります、三陸ボランティアダイバーズさんのお手伝いをしてきました。
夜20時に出発して、到着したのは4時
集合まで時間がありましたので気仙沼方面へ

この船は今後も震災のシンボルとしてこのまま残すみたいです
船大

鉄筋の家は骨組みなどは残っていました、木造の家は基礎だけって感じです。。。
後ろの方の家は、被害が少なく現在も住民がいます。
基礎

40〜60cmほど地盤沈下したたた、大潮の時に海水が道路を超えてここまでです。そして、地盤が海よりも低いため引くことがない水です。
向かって左奥はがれきの山です。5mぐらいあるのが何個もありました。
向かって右奥はアパートです。4階建てで4階まで津波の高さがあった形跡がありました。
引かない水

1本だけ倒れることなくあった、「一本松」です。
奥に写っている水は海水です。本当は川の水を止めるはずの水防が後ろに写っています。
一本松

今回のボランティアダイブの作業は、ボートへがれきを引き上げる作業でした。
潜っている我々ががれきを探し、ボート上にいる方がロープを投げ入れます。
そのロープに、がれきを結びつけたら、合図を送り、ボート上にいる方が引き上げてくれます。
い

あ

三陸ボランティアダイバーズでは、もしものことがあってはいけないため、ボランティアで海の中での作業を行うことができるのはインストラクターかショップスタッフのみとなっています。一般ダイバーの方々は、ボート上や陸上からがれきやゴミ引き上げをしてもらっています。

50分ぐらいの作業で、ボート上はがれきやゴミでいっぱいになりました。
思っていたよりも水温は冷たくなく(防寒をしっかりとしていたため)でも、50分ぐらいが限界でした。トイレの。。。

港に帰った後は、タンクを交換して、地元の漁師さんが作ってくれたテントで暖をとってから昼食です。
つづく

5/14波左間ツアー

月曜日は千葉の「波左間(はさま)」へ行ってきました。
とっっっっっっっても天気もよく、海はべた凪
ダイバーも少なく、貸し切り状態でまったり、のんびりダイビングでしたよ

「オオモンハタ」ですね。とっても大きく、ダイバーに近づいてきましたよ。
5/14-1

「マンボウ」たちです。全部で10枚ぐらいだったと思います
小さいヤツで、50cmぐらい。大きいヤツは、3m近くありましたよ
5/14-2

5/14-3

5/14-4

5/14-5

昼食は、海鮮丼と海鮮焼きです。このハマグリがこの大きさで、なんと¥300です。
他にもお手頃価格のものがいっぱいでしたよ
5/14-6

今夜からボランティアダイブへ

本日の夜〜13日まで三陸ボランティアダイバーとしてボランティアダイブに行ってきます。

三陸

その為、本日18時〜14日はお店を閉めております。ご来店をご予定されていられました方、大変申し訳ありませんが
ご了承ください。14日はツアーの為となります。

また、ボランティアダイバーとして三陸のボランティア活動にご興味のある方は、ご連絡ください。
一緒に三陸でボランティア活動をしませんか?

スカイツリーで小笠原の海

本日、東京スカイツリーのお膝元、初公開された「すみだ水族館」では小笠原の海を再現している
みたいです。私の地元ですので、是非そこで潜ってみたい!!

東京23区で小笠原の海に潜れる日が来て欲しいっす。

暖かくなってきました

5月も始まったばかりですが、最高気温は25℃を超える日もある東京。
このままいくと、5月中に30℃超えるのかな〜???

GW最終日

今年の長かったGWも今日で最終日。
交通渋滞は少ない見込みみたいですね。でも、家に帰るまでご安全に

さてさて、来週の土日ですが、三陸ボランティアダイブをさせていただくことになりました。
その為、ツアー及び講習を大変申し訳ございませんが、行うことができません
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
また、お店もお休みをさせていただきます。こちらも重ねて、ご了承くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

私の師のコースディレクターの方に、私も学ばしていただくこととなります。
震災から1年ちょっとずっと三陸ボランティアダイブをされている方です。

5/12〜13以降になりますが、ボランティアダイブにご興味のある方は、お手数ですがご連絡をお願い致します。

自己満足の世界かも

誰もが「見たい!!」と思う水中生物は、、、
「マンタ」「ジンベイザメ」などの大体が大きいサイズのものが多いと思います。

でも、インストラクターやガイドとしては、、、
「大きいものは誰でも見つけることができるから、小さいものの方が見つける価値がある!!」
って思ってしますこともあります。

ちいさい

ということで、今回の写真は「小さい魚」です。そして、画面の向かって左上にはエビの手が写っていますよ。
解りますか???

イソギンチャクへ隠れる

三つ星

クマノミがイソギンチャクと共生していることは有名ですが、この写真のように
ミツボシクロスズメダイもイソギンチャクと共生しています。
関東周辺では、とっっっっっっっっても小さい、ミツボシクロスズメダイが今の時期では
見ることができますよ

GW後半

今年のGWも残り、4日間となりましたね。
最大9連休という方もいたみたいですが、羨ましい限りです。

5/5が高速道路の渋滞ピークみたいですので、事故にはくれぐれもお気をつけください。

こうゆうの3

f8

洞窟内に隠れている、魚やエビなどもゆっくりと見たいー
プロフィール

コナウィンズダイビングショップ

Author:コナウィンズダイビングショップ
新小岩駅にあるスキューバダイビングショップです。
ダイビング初心者コース(オープンウォーターダイバーコース)が¥63.000(税込)。レンタル代・宿泊代などの追加費用は一切なし。マンツーマンでも開催。※器材をご購入されますとご購入代がかかります。
ツアーは全て2名様からのリクエストベース。初心者からベテランまで満足のいくガイドを心掛けています。また、4名様以上同時お申込みでプライベートツアーにも!!

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR